Top > 屋久島の自然と温泉を楽しむ夏休み

屋久島の自然と温泉を楽しむ夏休み

夏休みを利用して世界遺産の屋久島の自然と温泉を体感してみたいものです。屋久島は1500メートルを越す山々が連なっていて、有名な縄文杉ウィルソン株などはその奥深くにあるため、これらを見るためには山道を長い時間歩かなければなりません。洋上のアルプスと呼ばれるように、島の中には亜熱帯から亜寒帯までの気候があり、夏休み期間でも日本100名山の一つ宮之浦岳に登るためには、しっかりとした登山の装備が必要になってきます。

夏休みに気軽に屋久杉を体感したいのであれば、白谷雲水峡やヤクスギランドなどの短い散策コースでも十分に屋久杉を体感できます。高低差のある小さな島の屋久島には、千尋の滝、大川の滝などの見ごたえのある滝もあります。島の北西にある永田いなか浜はアオウミガメの産卵地として有名です。なお、産卵のピークは6月下旬から7月上旬で、周辺でのキャンプは禁止されています。

夏休みと言えば海も欠かせませんが、屋久島には平内海中温泉があります。この温泉は海辺に湧き出しており干潮時の2時間前後にしか入れないとのことです。この近くの湯泊温泉も海辺に浴槽だけという開放的な場所です。このほかにも屋久島にはいくつか、地元の人達が銭湯のように通う温泉があります。夏休み、屋久島を訪れた際には温泉めぐりも楽しいかもしれません。

 

 キン肉まん  腕組みダイエット  シュガーマッサージ
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
信州斑尾高原でアウトドアと温泉を楽しむ夏休み(2009年11月14日)
富士山と温泉の夏休み(2009年11月14日)
屋久島の自然と温泉を楽しむ夏休み(2009年11月14日)